合宿免許の教官の仕事

合宿免許において教官とはとても大事な役目の人たちです。

合宿免許の教官は、一体どのような人たちなのでしょうか。どのような資格取得で教官になることができるのでしょうか。

合宿免許と言ったらムーチョ

合宿免許の教官の資格

教習を受けるにあってどのような教官かということは非常に気になる問題ではないでしょうか。果たして、教官とはどのような人たちがなるのでしょうか。

合宿免許の教官になるためには、 まず、法令に関してのノウハウ、技能に対してのノウハウを100%持ち合わせている必要があります。

法令に関するノウハウとは、「道路交通法」、「教習所関係法令」、「交通教則」などの知識のことであり、教官がそのようなノウハウを知らないでは決して、生徒など教えることができるはずありませんよね。

そして、そのようなノウハウは頻繁に使う機会があります。また、ノウハウを一度身につければいいということではなく、法律は頻繁に改正されるものという認識も持つ必要があります。

数年後にはあなたの持っている知識は、古びて使い物にならないものになっているかもしれません。

そして、大事なのは、技能に関するノウハウです。どのような技能に関するノウハウを持たねばならないかといえば、それぞれ担当する免許取得によって違いはあります。 おおかたは普通免許取得が多いのでしょうけど、運転免許取得は、それだけでなく「大型免許」や「中型免許」、「準中型免許」など11種類もあります。

複数を受け持つという場合は、それなり豊富なノウハウが必要になって来ます。

教官になる際には、都道府県公安委員会が実施する教育研修を受けているはずであり、既に当然、そこでノウハウは身に付いているはずです。

合宿免許教官の仕事の内容

合宿免許の教官は、 運転技術や交通法規に関するノウハウを生徒たちに教える仕事です。

また、合宿免許の教官の仕事は、「教習指導員」と「技能検定員」に分けることができます。

実地教習や学科教習を教えるのは、教習指導員たちの役目です。 技能検定員は、検定を行い、合格の判定をします。

ただし、合宿免許の教官の場合、それを兼任というケースも少なくはありません。

合宿免許の教官の仕事はハードワーク?

合宿免許の教官の仕事はとても厳しい仕事なのでしょうか。

確かにとても大事な仕事なので、ハードはハードですし、厳しさをもって生徒に接する必要があります。

合宿免許の教官には、やりがいを感じる人たちも多くいることでしょう。

合宿免許の教官が忙しいと感じるのは、やっぱり繁忙期です。

ただし、最近では働き方改革の影響もあって、繁忙期のハードさも幾分緩和されている傾向があります。