合宿免許のリスクを知り向きあう

とにかく手っ取り早い方法と言えば合宿での運転免許取得なのかもしれないですよね。しかし、スピーディーに運転免許取得と言いたいところですが、合宿免許のことを何も知らないでいきなり行くというのはちょっとリスクはありそうです。

まずは合宿での運転免許取得のことをよく知り、合宿免許で起こりうるトラブルなどもチェックしておきましょう。

実際に合宿での運転免許取得ではこのようなトラブルが起きています。

おすすめの合宿免許はムーチョ!

必要書類忘れが多い

合宿での運転免許取得で詐欺にあってしまった……というトラブルほどではありませんが、合宿免許へ行かれる方々は、結構必要書類忘れをしている人たちが多いようですよ。

合宿での運転免許取得は、遠方で免許取得するので、いちいち取りに帰ることができないので、なおさら行かれる方々は注意しましょう。

入校時には本籍地が記載された住民票が必ず必要ですが、本籍地が省略された住民票を持って来て、これで当然いいでしょうという顔をしている方々が非常に多いです。

厳しいいい方をしますが、本籍地が証明することができないと、合宿免許へ入校することができないです!合宿での運転免許取得へわざわざ来たというのに帰宅!ということになります。

そして、住民票自体を持ってくるのを忘れるというケースも非常に目立ちます。

そして、持って来たのはいいけど、期限切れというケースもあります。

これらひとつひとつ、やっぱり合宿での運転免許取得に対しての油断と言わざるを得ないでしょう。

注意すれば、そのようなミステイクは起こさないで済む訳ですし。

ただし、正直このようなことがわからないという人たちもいますよね。もう一度言いますが、住民票は、本籍地が記載されたものを用意してください。あと、3ヶ月以内でないと有効ではありません。

タトゥは合宿での運転免許取得出来ない?

合宿での運転免許取得は、非常に気軽なモチベーションで行かれる方々が多いですが、合宿免許にだってルール・規律というものが存在しています。

まず、ほとんどの合宿免許では、タトゥは入校がNGということですよ。

通学での運転免許取得ではOKということもあるようですが、合宿免許はタトゥに対して厳しいようです。

比較的多いのが指にリング状のタトゥーを入れているという方々です。そのような人たちは見逃されるという気持ちも持っているかもしれませんが、やっぱりアウトです。

絆創膏で隠して合宿教習に参加ということでかろうじて見逃されていることもあるようですが。