合宿免許のメリット 通学での運転免許取得と比較

現在ではまだ通学での運転免許取得という人たちが多いのかもしれませんが、若い人たちを中心にして段々と合宿での運転免許取得という発想も高まっています。

いま、合宿免許は、通学での運転免許取得と比較してどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。まずは、これから運転免許取得しようとしている人たちは、そのあたりの比較からスタートしてみてはいかがでしょうか。

合宿免許といったらムーチョ

合宿免許か通学での運転免許取得か

ズバリ、合宿免許か通学の運転免許取得かと言えば、合宿運転免許取得にメリットはあります。

ただし、いちいち行くのが面倒くさいからとか、遠出するのは不安という思いから、何も比較しないで身近な通学での運転免許取得を選択している方々が多いのではないでしょうか。

運転免許取得までどの程度時間がかかるのか

果たして、通学での運転免許取得、合宿免許それぞれ、運転免許取得までどの程度時間がかかるものなのでしょうか。

合宿での運転免許取得では、免許取得期間は、2週間~3週間程度で済ますことができます。

ですから、合宿免許では、春休み程度の期間があれば、運転免許取得することができてしまうのです。

合宿での運転免許取得では、あらかじめ合宿免許側でスケジュールが決定しているので、最初に行う1回の申込みオンリーで、卒業まで必要な授業を全て自動的に組んでもらうことができ、非常に合理的システムに従い、運転免許取得することができます。

では、通学での運転免許取得がどの程度期間がかかってしまうのかといえば、 2ヶ月~3ヶ月程度かかることがザラです。

これだけ期間の差が出てきてしまうので、やっぱり急いでいる人たちは通学での運転免許取得ではなく合宿免許という選択肢にどうしてもなってしまうのではないでしょうか。

合宿免許となんでこんなに差が出てきてしまうのか

合宿免許と通学での運転免許取得では、なんでこんなにも差が出てきてしまうのでしょうか。

通学での運転免許取得は、予約のシステムを導入しているからです。

そして、ほとんどの通学での運転免許取得では、個人の方の予定を尊重しています。

あなたにもあなたの予定というものが存在しているでしょう。それを優先させて、運転免許取得のプランを上手く組み込むことができればいいですが。

ですから、そのような方法がいいという方々には、通学での運転免許取得はそれなりメリットと感じることができるでしょう。

関連記事